犬も人間同様に癌になることがある|ペットの健康管理

お墓

追加料金不要

家族同然に暮らしていたペットをなくすと深い悲しみに襲われます。そんなペットと飼い主のために大阪のペット供養サービスがあります。追加料金はなく個別の葬儀から合同葬儀、立ち会い葬儀などのサービスがあり電話での相談や見積もりは無料です。

もっと読む

外にいる犬

飼いやすい犬種といえば

これから初めて犬を飼いたいと考えているのならば、手間を必要とせずとても可愛いトイプードルという種類をオススメします。親のサイズや性格を公開しているブリーダーを利用して、自身が望むトイプードルを家族に迎え入れましょう。

もっと読む

走る犬

犬をしつける業者が人気

業者に依頼して犬のしつけを行う事が人気になっており、犬がマナーを守る事ができるため、犬と快適に暮らせるようになり魅力的です。犬のしつけのサービスは安い料金で利用する事ができますし、犬の相談をする事ができるためオススメです。

もっと読む

長生きはなることが多い

動物病院

死亡率が高い

人間が高齢になると癌にかかる確率が高まるように、犬もまた人間と同じで高齢になると癌にかかりやすくなります。犬が癌になりやすくなったのは人が長寿になったように犬の寿命がのびたからです。また医学の発達は動物を扱う獣医学も同時に進化させていき、予防接種の普及や病気を早期に見つけることができるようになったことも挙げられます。さらにドッグフードの進化は犬が栄養をバランスよく摂取するようになり、長寿の原因になっているのです。しかし長生きした犬の死亡原因で1番多いのが癌であり、すべての世代の犬の死亡原因は癌が25パーセントにも昇っているのです。そして癌の治療を施しても治る確率は30パーセントから40パーセントと言われています。

検査と手術

それでは犬が癌になったら治癒するのは困難であるのかといえば、必ずしもそうとは言えないです。腫瘍には悪性のものと良性のものがあり、悪性腫瘍が癌になるわけで犬の腫瘍の80パーセントが良性のものと言われているのです。そして病気を悪化させないためには飼い主が普段から犬の健康をしっかりと管理して、体調や皮膚や体毛に違和感がないかチエックしていないといけないのです。何か身体に異常が起こっても発見が早いほど治る確率は高まるのです。犬の癌の検査として知られているのは、吸引バイオプシーと言われるできものに針を刺して中を検査して腫瘍であるのか単なる炎症なのか検査鑑定するのです。この検査で腫瘍の疑いがあるときは、病理検査に回し腫瘍が悪性か良性か判別します。そして治療法には外科療法や化学療法や放射線療法などがありますが、あまり腫瘍が大きくなく転移の可能性も低ければ外科療法が治る可能性が高くなります。